季節家電

Dyson pure Hot+Cool 口コミから見るHP04とHP03の違い!電気代は高い?安い?

寒い時のみの出す暖房器具・・・

暑い時のみに出す冷房器具・・・

常駐している空気清浄機・・・

押し入れにしまったり出したり・・・

う”-(~_~;)って思いますね。

「一石二鳥」「2in1」「一挙両得」

これらの言葉にピンと来たそこの貴方!

そんな貴方にオススメの家電製品があるんです!!^ ^

そこで今回は、

・Dyson pure Hot+Cool HP04WSは多機能すぎる!!

・Dyson HP04WSとHP03WSとの比較を検証

・ダイソンHP04WSの口コミ評価

・Dyson HP04WSホントに電気代は高いのか?

をご紹介していきます♪

夏は扇風機、冬はヒーター、そして空気清浄もできるのが、DysonのPure Hot+cool LINK『HP04WS』!

一台三役、Dysonならではのハイブリッド空調家電をご紹介します。

Dyson pure Hot+Cool HP04WSは多機能すぎる!!

Dysonの空調家電といえば、羽根の無い特徴的なデザインが印象的です。

ファンレスにする事で、安全性を確保すると共に、扇風機では作れなかったムラの無い直風を作り出します。

空気清浄機能

空気清浄能力は、使用されているフィルターに左右されます。

Dyson pure Hot+Coolのフィルターは、独自の『グラスHEPAフィルター』と言う、高密度HEPAフィルターと『活性炭フィルター』の2枚で構成されています。

この『グラスHEPAフィルター』は、PM0.1レベルの微細な粒子も除去します。

ニオイに関しても、高密度の活性炭フィルターで、料理やペット、タバコのニオイも除去します。

さらに、ホルムアルデヒドやベンゼンなどの有害なガスも除去してくれる、優れものです。

対応畳数は26畳まで。

PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去してくれるので、花粉はもちろん、ハウスダストや排気ガス、超微細なウィルスも、シッカリと除去してくれます!

しかし、フィルター寿命が約1年しかもたないのが、マイナス点です。

空気清浄機のフィルターは、10年交換不要の機種が多い中、1年での交換は、ランニングコストがかかってしまいます。

ヒーター

この機種は温風を出すことが出来るので、冬場でも活躍が出来ます。

PTCセラミックで送風する風を温める、いわゆるセラミックヒーターと同じメカニズムになっています。

この機種は、設定した室温になると、温風を停止するので、余計なエネルギーを使わず経済的です。

セラミックヒーターは温風を出す際、部屋のホコリやハウスダストも、一緒に巻き上げてしまう欠点がありましたが、このDyson pureなら、同時に空気清浄もしてくれるので、キレイな温風で部屋を暖めます。

送風

夏の暑い日などは、扇風機としても使えます。

毎秒290リットルの送風をして、さらに350度の首ふり機能も搭載しているので、部屋中すみずみまで空気を循環してくれます。

また、この機種には『ディフューズモード』が搭載されています。

これは、風に当たりたくない場合、本体の後方へと風を送風して、効率的に空気清浄をするモードです。

肌寒いときなど、涼しい風に当たることなく空気清浄が出来ます。

液晶ディスプレイ

本体正面に搭載のLCDディスプレイで、お部屋の空気の状態や、温度、フィルター寿命などが確認できます。

この機種は、センサーによって空気の状態をモニタリングします。

空気中に浮遊する有害なガスや、微粒子を検知して、リアルタイムでディスプレイに表示します。

フィルターの寿命もお知らせしてくれるので、忘れがちな交換も、これでバッチリですね!

アプリ

専用のDysonアプリ『Dyson Link アプリ』があります。

外出先から操作が出来るので、寒い時など、帰宅前にスイッチを入れておけば、部屋を温めておく事ができます。

その他、アプリを通じて、お部屋の空気の状況や、温度、湿度をリアルタイムで知る事ができます。

このアプリでも、フィルターの寿命をお知らせしてくれるので、交換時期がすぐわかります。

▼送料無料で安くなっていましたよ♪断然Amazonの方が安く購入できますよ!!

Dyson HP04WSとHP03WSとの比較を検証

HP04WSと17年モデルHP03WSとの比較は?

このHP04と17年モデルのHP03の違いです。

Dyson pure Hot+Cool HP04WS HP03WS
空気清浄適用面積 60分26畳

30分9畳

60分23畳

30分8畳

リモコン 有り
アプリ 対応
首振り 45°/90°/180°/350°  70°
上下調整 前8.5°/後10° 前後10°
設定温度 0〜37℃    0〜37℃
タイマー 15分・30分・45分・1〜9時間
自動電源オンオフ 有り
風量調整 10段階
消費電力 1400w 1200w
本体サイズ(高さ×幅×奥行き、mm) 764×248×248 632×222×222
重量 5.70㎏ 4.01kg
LCDディスプレイ 有り 無し
価格(Amazon調べ) \46,800 \46,800

17年モデルよりも、ひと回り大きくなっていますね。

見た目の違いはサイズUPと、ディスプレイが搭載になった事ですね。

機能面も向上しています。

空気清浄能力が上がっている点と、首振りの角度が350°まで回るようになっています!

ほぼ一周回るので、部屋の隅々まで風を届けられるようになりました^ ^

▼HP04WSN
送料無料で安くなっていましたよ♪断然Amazonの方が安く購入できますよ!!

HP03WS
こちらも送料無料で安くなっていましたよ♪断然Amazonの方が安く購入できますよ!!

ダイソンHP04WSの口コミ評価

購入した人の評価はどうでしょうか?

まずは、GOOD評価から見ていきましょう!

満足な口コミ

扇風機と空気清浄が同時に行えるので重宝しています。

風量1が丁度良い微風なので、エアコンと同時に使用しています。

暖房と空気清浄機能が購入の決め手。

暖房としてファンヒーターのような温かさを感じないまま、いつに間にか室温が上がっている感じで、広い部屋は不向きだと思います。

情報が本体モニターで確認でき便利。

耐久性が心配ですが、メーカー2年保証。

空気清浄もでき、冷風・温風両方使えて非常に良い。

見た目もスマートで良いです。

スマホでタイマー設定したりリモコン代わりに使える

温風はちょっと物足りなかったけど生活にはかなり助かってます

やはりスマートな見た目と、一台三役が好評ですね!

それでは、BAD評価はどうでしょうか?

改善して欲しい!!口コミ

とても寒い。メイン暖房としてはおススメできません。

電気代が高騰。今まで落ちた事がないブレーカーが2度落ちました。コスパ悪いです。

風量レベルMAXにすると、風音がうるさいので寝室などではお勧めできません。

冬もこのヒーター一台で部屋が急激に温まることはありませんでした

低評価の原因は、暖房能力の低さと動作音がうるさい事が、ほとんどでした(- -;)

そして、電気代が高くなるのがネックのようです。

Dyson HP04WSホントに電気代は高いのか?

気になる電気代は?

口コミにもありますが、Dysonに限らず、セラミックヒーターや電気ヒーターは、どうしても電気代がかかってしまいます。

その中でも、この製品はトップクラスです。

この製品は、定格消費電力が1400wあります。

一般的な家庭用コンセントは1500wまでなので、この製品と同時に、他の家電製品を同じコンセントで使うとブレーカーが落ちる可能性が高いです。

と言うか、落ちます!

1日8時間使用で、1ヶ月間使い続けると、いくら位の電気代になるかザックリ計算してみました。

消費電力1400wX使用時間8時間=11200wh(11.2kwh)

11.2kwhX 27円(電力単価目安)=302円(1日の電気代目安)

302円X30日=9072円(1ヶ月の電気代目安)

なんと,一ヶ月で約9072円もかかります!

口コミでも電気代が高いと言われるのも納得です。

しかし、これは温風を使用している場合の電気代です。

つまり、年中電気代がかかるわけでは無く、冬場の2〜3ヶ月、温風運転する場合に電気代が上がるわけであって、空気清浄や送風のみの場合はそこまで高くはなりません。

▼HP04WSN
送料無料で安くなっていましたよ♪断然Amazonの方が安く購入できますよ!!

まとめ

Dyson pure Hot+Coolがオススメな方はこんな方。

  • 一台で何役もこなすハイブリッドな製品が好き
  • オシャレな家電が好き
  • 部屋の中の超微細なヨゴレをキレイにしたい
  • フィルター交換をついつい忘れてしまう

フィルター交換のランニングコストが、他社機より悪かったり、静音性や消費電力の面で、改善の余地がありそうですが一台三役出来る製品は、他社では無い機能です。

スマホアプリを使っての、遠隔操作も出来るので、使い勝手は良いと言えるでしょう。

更にHP04WSNとHP03WSの価格もさほど変わりはなく、おススメは断然多機能であるHP04WSNがオススメですよ♪

参考になりましたら幸いです^^