MENU

象印EE-DD50とEE-DC50の違いと口コミレビュー!新旧比較!

  • URLをコピーしました!

今回は象印の加湿器、新モデルEE-DD50と型落ちEE-DC50の違いについて詳しく解説します。新旧どちらが自分に合っているかを判断するための参考にしてくださいね。

こんなお悩みありませんか?

  • 新しい加湿器を買うべきか、型落ちでお得に購入するべきか迷っている
  • 加湿器のお手入れが面倒で、もっと簡単なものが欲しい
  • 電気代が気になるけれど、衛生的な加湿器を探している

まずはサクッとそれぞれの口コミを見ていきましょう!
本文中でさらに詳しくご紹介しています!

象印 EE-DD50の口コミ

悪い口コミ

  1. 加湿時の沸騰音が気になる。
  2. サイズが大きく、場所を取るので設置に工夫が必要。
  3. 電気代が高く、長時間使用するとコストがかかる。

いい口コミ

  1. 加湿能力が高く、広い部屋でもしっかり加湿できる。
  2. 手入れが簡単で、衛生的に使えるスチーム式。
  3. デザインがシンプルで、部屋のインテリアに馴染む。

象印 EE-DE50の口コミ

悪い口コミ

  1. 電気代が高くてランニングコストが気になる。
  2. 加湿時の音がうるさく、夜間の使用には向かない。
  3. サイズが大きく、設置場所に困ることがある。

いい口コミ

  1. 強力な加湿能力で広い部屋でもしっかり加湿できる。
  2. 手入れが簡単で、衛生的に使えるスチーム式。
  3. デザインがシンプルで部屋のインテリアに馴染みやすい。

↓湿度は体調整えるのにもすごく重要!おすすめはこちら!

created by Rinker
¥32,100 (2024/05/18 13:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

新モデルEE-DD50と型落ちEE-DC50の違いは?

1. 試供品の有無
新モデルEE-DD50には内容器洗浄用のクエン酸(30g×1包)が試供品として付属しています。一方、EE-DC50には試供品がありません。

2. 本体色とデザインの違い
EE-DD50のグレーは茶色寄りの温かみのある色合いで、ボタンも操作しやすいように調整されています。EE-DC50は従来のデザインのままです。

3. 発売年度
EE-DD50は2023年9月1日発売で、EE-DC50は2021年9月の発売です。新しいモデルは最新の技術とデザインが取り入れられています。

4. 価格
新モデルは最新のため、型落ちに比べて価格が高いです。しかし、型落ちモデルは経年劣化が気になるかもしれません。

象印スチーム式加湿器 EE-DC50・EE-DD50 スペック表で比べてみましょう!

スペックEE-DC50EE-DD50
容量 (L)4.04.0
消費電力 (W) 湯沸かし立ち上げ時985985
消費電力 (W) 加湿時410410
定格加湿能力 (mL/h)480480
適用床面積 木造和室8畳 (13㎡)8畳 (13㎡)
適用床面積 プレハブ洋室13畳 (22㎡)13畳 (22㎡)
連続加湿時間(h)強88
連続加湿時間(h)中1616
連続加湿時間(h)弱3232
外形寸法 (cm)幅24×奥行27.5×高さ36.5幅24×奥行27.5×高さ36.5
本体質量 (kg)2.92.9

EE-DC50とEE-DD50の違い

スペックの観点から見ると、EE-DC50とEE-DD50の主な違いは見当たりません。両者ともに同じ容量、消費電力、加湿能力、適用床面積、連続加湿時間、外形寸法、本体質量を持っています。

違いはありませんね

象印スチーム式加湿器 EE-DD50の魅力は?!

象印 加湿器EE-DD50とは?

象印の加湿器EE-DD50は、最新モデルとして2023年9月に発売されました。スチーム式加湿器として、清潔な蒸気で部屋を加湿するため、衛生的かつ効果的な加湿が可能です。特に、木造和室で8畳、プレハブ洋室で13畳まで対応できる大容量4Lタンクを持ち、連続加湿時間も最大8時間と優れた性能を誇ります。

EE-DD50の魅力とメリット

EE-DD50の魅力とメリットカンタンにメリットを説明しますね!

清潔で衛生的なスチーム式
象印の加湿器は沸騰させた清潔な蒸気を使い、約65℃まで冷まして部屋を加湿します。これにより雑菌やカビの発生を防ぎ、衛生的な環境を保てます。

大容量タンクと長時間加湿
4Lの大容量タンクで、強モードでも連続8時間の加湿が可能です。中モードでは16時間、弱モードでは32時間と、シーンに合わせた使い方ができます。

お手入れ簡単
フィルターがないため、フィルター交換の手間がなく、クエン酸洗浄で簡単にお手入れができます。これまでフィルターのお手入れが面倒だった方にはぴったりです。

象印スチーム式加湿器EE-DD50の口コミレビュー


EE-DD50の悪いレビュー口コミ


「デザインに難あり」
デザインがシンプルで実用的な反面、電気ポットのような無骨な見た目が好き嫌いを分けるところ。特に、正面に配置されたボタンがごちゃごちゃしていて、美観を損ねているのが残念です。

「音とサイズが気になる」
加湿能力は抜群ですが、沸騰音がかなり気になります。静音モードがあるものの、完全に静かではありません。サイズも大きく、場所を取るため設置場所を考える必要があります。

「電気代が高い」
スチーム式のため電気代がかかるのがネックです。さらに、カルキ汚れがたまりやすく、クエン酸清浄が頻繁に必要です。また、水の残量が外から見えないのも不便で、給水のタイミングが分かりづらいです。


EE-DD50のレビュー口コミ


「加湿力バッチリ!」
湿度20-30%の状態でも50%前後までしっかり加湿されます。容量が大きく、水の入れ替え頻度が少ないので、とてもコスパが良いです。静音性も高く、音も気にならないレベルです。

「手入れが簡単で衛生的」
手入れが非常に簡単で、他の加湿器と比べてメンテナンスが楽です。衛生面でも安心できるスチーム式で、カルキやヌメリの心配がありません。給水も簡単で、使いやすさ抜群です。

「満足の加湿能力とデザイン」
デザインはシンプルで場所を取らないコンパクトさが魅力です。加湿能力も高く、リビングや寝室でもしっかりと加湿してくれます。静音モードもあり、夜間の使用も問題ありません。


まとめ:手軽で高性能な加湿器で快適な冬を過ごそう!

象印 EE-DD50は、その優れた加湿能力と簡単な手入れで多くのユーザーに満足されています。特に冬の乾燥対策としては最適で、広い部屋でもしっかりと加湿してくれる頼もしい存在です。音や電気代が気になる点もありますが、それらは静音モードの活用や使用頻度の調整でカバー可能です。

手軽なメンテナンスと高い衛生性を求める方には特におすすめの加湿器です。冬の乾燥を防ぎ、快適な室内環境を手に入れましょう!

↓湿度は体調整えるのにもすごく重要!おすすめはこちら!

created by Rinker
¥32,100 (2024/05/18 13:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)

EE-DD50の主な特徴

1. 簡単お手入れ!フィルターなしで清潔維持

EE-DD50はフィルターを使わない構造のため、フィルター掃除の手間がありません。さらに、付属のクエン酸(ピカポット)を使えば、簡単に内部を清潔に保つことができます。電気ポットのように手軽にお手入れができるので、毎日のメンテナンスが苦になりません。

2. パワフルな加湿能力

加湿能力が高く、「強」「中」「弱」の3段階で調整が可能です。「強」設定では8時間連続で加湿できるため、一晩中しっかりと部屋を潤します。スチーム式のため、部屋全体が暖かく感じられる効果もあります。

3. 安心のデュアルセンサー

湿度センサーと室温センサーを搭載しており、自動で快適な湿度を保ってくれます。これにより、部屋の湿度が常に適切な状態に保たれ、乾燥による肌荒れや喉の痛みを防ぎます。

4. 安全設計

象印の加湿器は、安全設計がしっかりしています。チャイルドロック、ふた開閉ロック、転倒湯もれ防止構造、空だき防止機能、マグネットプラグなど、家庭での使用を安心して行える工夫が盛りだくさんです。

なぜ象印加湿器EE-DD50がオススメなのか?

1. 簡単なメンテナンス:フィルターがなく、簡単なお手入れで清潔に保てる。
2. 効果的な加湿:スチーム式の強力な加湿能力で、部屋全体をしっかりと潤します。
3. 安全設計:小さなお子様やペットがいる家庭でも安心して使用できる設計。
4. 節電効果:エアコンの設定温度を下げられるため、トータルで見れば電気代の節約にもつながる可能性が高いです。

まとめ

象印 加湿器EE-DD50は、手軽なメンテナンスと強力な加湿能力、安全設計が魅力の最新モデルです。冬の乾燥対策にピッタリの一台で、清潔な蒸気で健康的な生活をサポートします。

購入すべき理由を箇条書きでまとめると:

  • フィルターなしでお手入れが簡単
  • 高い加湿能力で部屋全体を潤す
  • 湿度と温度を自動でコントロール
  • 安全設計で家庭でも安心して使用可能
  • エアコンの温度を下げることで節電効果も期待

ぜひ、この冬は象印 加湿器EE-DD50で快適な生活を手に入れてくださいね!

象印スチーム式加湿器EE-DC50の旧モデルの魅!

象印加湿器EE-DC50の特徴

1. 発売年度
EE-DC50は2021年9月に発売されたモデルです。最新モデルと比べて2年古いですが、その分価格が抑えられていることが多いです。

2. 本体色とデザイン
このモデルはホワイトとグレーの2色展開です。新モデルと比べると、デザインはシンプルですが、実用性はバッチリです。どんな部屋にも馴染むデザインですよ。

3. 試供品の有無
EE-DC50には試供品が付属していません。しかし、日常的に使うクエン酸は別途購入することで簡単にお手入れできます。

象印スチーム式加湿器EE-DC50の魅力とメリット

清潔で衛生的なスチーム式
象印の加湿器は、沸騰させた清潔な蒸気を約65℃まで冷まして部屋を加湿します。これにより雑菌やカビの発生を防ぎ、常に清潔な加湿が可能です。

大容量タンクで長時間加湿
4Lの大容量タンクで、強モードでも連続8時間の加湿が可能です。中モードでは16時間、弱モードでは32時間と、シーンに合わせた使い方ができます。木造和室で8畳、プレハブ洋室で13畳まで対応するので、広い部屋でも大丈夫です。

お手入れが簡単
フィルターがないため、フィルター交換の手間がなく、クエン酸洗浄で簡単にお手入れができます。これまでフィルターのお手入れが面倒だった方にはぴったりです。まるでポットのようにお手入れができるので、日常のメンテナンスも楽ちんです。

象印スチーム式加湿器EE-DC50の口コミレビュー


EE-DC50の悪いレビュー口コミ


「カビが心配」
デザインはシンプルで悪くないけど、中のお湯の量が見えないのが難点。加湿能力は高いが、狭い部屋だと加湿しすぎて壁に水滴がついてしまうことがあるので注意が必要です。静音性はうるさい部類で、寝室には向かないかも。サイズが大きくて縦長なので、場所を取るのも困りものです。

「電気代が気になる」
加湿能力は申し分ないが、電気代がかかるのがネック。湿度センサーの性能があまり良くなくて、過剰に加湿してしまうことがある。また、静音性が低く、音が気になることもあります。設置場所によっては、運用が少し面倒になるかもしれません。

「メンテナンスが大変」
お手入れは簡単なはずですが、カルシウムが溜まりやすく、クエン酸洗浄しても取れないことがある。サイズが大きく、給水の際にこぼしてしまうことも。静音モードがあるが、それでも音が気になる場合がある。


EE-DC50の良いレビュー口コミ


「冬の乾燥対策にぴったり」
デザインが部屋のインテリアにマッチしており、加湿能力も抜群です。使いやすさも文句なしで、パーツがシンプルなのでお手入れも楽々。静音性もそれほど気にならず、サイズもコンパクトで使いやすいです。

「抜群の加湿能力とメンテナンスの楽さ」
加湿能力はとても優秀で、広い部屋でもしっかりと加湿してくれます。お手入れが簡単で、給水も楽々。電源ケーブルが磁力で簡単に着脱できるのも便利です。音は多少しますが、気になるほどではありません。サイズも水の分量に対してコンパクトです。

「高いけど買ってよかった」
デザインはシンプルで使いやすく、加湿能力は文句なし。メンテナンスも簡単で、電源ケーブルの着脱が簡単なのもポイント。静音性も静音モードがあるので安心です。高いけど、その価値はあります。

EE-DC50の悪いレビュー口コミ:まとめ

象印 EE-DC50は、その強力な加湿能力と簡単なお手入れで多くのユーザーに支持されています。特に、冬の乾燥対策としては最適な選択肢です。確かに電気代や音に関するネガティブな点もありますが、それらは静音モードの活用や設置場所の工夫でカバーできます。

加湿能力を重視する方や、手軽にお手入れしたい方には特におすすめの加湿器です。冬の乾燥を防ぎ、快適な室内環境を手に入れましょう!

↓湿度は体調整えるのにもすごく重要!おすすめはこちら!

created by Rinker
¥32,100 (2024/05/18 13:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)

EE-DD50とEE-DC50の違いまとめ

EE-DD50の利点

  • 最新モデル:2023年9月発売の新モデル。
  • 試供品付き:内容器洗浄用のクエン酸(ピカポット)が付属。
  • 改良されたデザイン:操作部が新しくなり、見た目も温かみのあるカラーが追加。
  • 最新のテクノロジー:最新のセンサー技術や安全設計が搭載されている。

EE-DC50の利点

  • コストパフォーマンス:型落ちモデルのため、価格が安い傾向にある。
  • 基本性能は同等:加湿能力やタンク容量など、基本的な性能はEE-DD50と同等。
  • 信頼性:長く使用されているモデルのため、口コミやレビューが豊富で安心感がある。

どちらがオススメか?

EE-DD50がオススメな方

  • 最新モデルを求める:新しい技術やデザインを試したい方。
  • お手入れを簡単にしたい:付属のクエン酸で簡単にお手入れをしたい方。
  • 予算に余裕がある:多少の価格差を気にせず最新のものを使いたい方。

EE-DC50がオススメな方

  • コストを重視:価格を抑えつつ、高性能な加湿器を求める方。
  • 基本性能で十分:最新のデザインや試供品がなくても問題ない方。
  • 実績重視:多くの口コミやレビューに基づいた安心感を求める方。

結論

最新モデルを試したい方やお手入れの手軽さを重視する方には、EE-DD50をオススメします。

コストパフォーマンスを重視し、実績のあるモデルを選びたい方には、EE-DC50がオススメです。

どちらも優れた加湿器であり、使用環境や予算に応じて選ぶと良いでしょう。

↓湿度は体調整えるのにもすごく重要!おすすめはこちら!

created by Rinker
¥32,100 (2024/05/18 13:51:53時点 楽天市場調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次