映像家電

【口コミレビュー】東芝REGZA Z740XSとZ740の違いは?おすすめは・・・

もとちゃん
もとちゃん
今回もビンビンきてます。 家電アドバイザーの MOTOちゃんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

突然ですが、今使っているテレビに満足していますか?

2011年に地上デジタル放送が始まってから、はや10年がたちますが、その間にテレビも進化してきています!

液晶テレビも、4K放送が映し出せるよう、高輝度、高画質、高コントラストの製品が各メーカーから続々と発売されてきました。

今回は数ある数ある大画面高画質の液晶テレビの中から、東芝レグザZ740XSをご紹介していきますので、ご参考いただけますと幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

東芝レグザZ740XSはどんなテレビ?

もとちゃん
もとちゃん

今回紹介の、東芝レグザ Z740XSは、レグザ4K液晶シリーズの最上位機種です。

20年春に発売となっていた、レグザZ740Xの後継機種となります^ ^

サイズ展開は、65型、55型、50型の3サイズ展開です。

型番末尾のSには、「Special edition」と言う意味が込められていて、レグザ15周年モデルの意気込みが伝わって来ますね^ ^

▼今回ご紹介するテレビの55型はコチラ

東芝REGZA Z740XSの映像エンジンは?

もとちゃん
もとちゃん

東芝REGZAといえば、レグザエンジンです!

映像エンジンといえば、映像信号を処理する、テレビの心臓部ですよね。

今回ご紹介のレグザ Z740XSに搭載されている、レグザエンジンを紹介していきます!

レグザ Z740XSには、最新のレグザエンジンである、レグザエンジンcloud PROが搭載されています。

レグザエンジンcloud PROは、クラウド上にある映像データベースから、視聴中のコンテンツや詳細ジャンルの特性を取得して、最適なパラメーターで画質処理をします。

さらに、地デジ放送のノイズを低減して、高画質化する地デジAIビューティPRO IIやネット動画を圧縮方式、解像度などに合わせて高画質化するネット動画ビューティPRO IIなどの高画質技術が搭載されています。

東芝REGZA Z740XSのパネル性能は?

もとちゃん
もとちゃん

映像信号を処理するのが、映像エンジンなら、処理した映像を映し出すのが、液晶パネルです。

どれだけ高画質に処理しても、パネルのクォリティが低いと、残念な結果になってしまいます(T ^ T)

東芝レグザ Z740XSの液晶パネルについて、紹介していきますね。

液晶テレビには、液晶パネルを明るくするために、LEDバックライトが採用されています。

液晶テレビが明るく見えるのは、このバックライトのおかげなんですね^ ^

レグザ Z740XSは、直下型バックライトを採用しています

全面に配置されたLEDバックライトの明滅を、エリアごとにコントロールする事で、明るい箇所と暗い箇所のコントラストを表現し、奥行き感のある映像を作り出します。

全面直下型LEDバックライトを、緻密にコントロールし、ピーク輝度の明るさと引き締まった黒を両立する、リアルブラックエリアコントロールが Z740XSの特徴です。

そして、 Z740XSの液晶パネルは、低反射高コントラストパネルを採用しています。

このパネルは、外光反射を抑えて、高コントラストの液晶パネルです。

しかし、レグザ Z740XSの液晶パネルは、VAパネルなので、画角の広いIPSパネルに比べると、斜めから試聴した時に、色味が薄く見えてしまいます。

正面から視聴する分には、影響はありませんけどね^ ^

▼今回ご紹介するテレビの55型はコチラ

東芝REGZA Z740XSの音質は?

もとちゃん
もとちゃん

次に音に関してご紹介していきましょう!

大画面で綺麗な映像でも、音がショボかったらがっかりしますよね(-。-;

レグザ Z740XSから聞こえるのは、どんな音なのでしょうか?

レグザ Z740XSには、重低音バズーカオーディオシステムPRO IIが搭載されています。

これは、重低音を再生するクワッドパッシブ重低音バズーカウーファーと、高音質なクリアダイレクト2ウェイスピーカーを、総出力80Wのマルチアンプで駆動しているオーディオシステムです。

さらに、各スピーカーの音域のつながりを良くするために、高遮断クロスオーバーフィルターを採用しています。

もとちゃん
もとちゃん

テレビのスピーカーは、特に低音を再生するのが苦手でしたが、レグザ Z740XSのスピーカーは、クリアな重低音を再生できるようですね^ ^

低音がクリアに聞こえると、映画やスポーツの没入感が違ってくるので、音にもこだわりたい人には、ピッタリのテレビですよ!

レグザ Z740XSには、重低音バズーカオーディオシステムPRO IIの他にも、自然な音像定位を実現するVIRイコライザーや、デジタル圧縮で失われた微小な信号を復元するレグザサウンドリマスターなどの、音像補正技術で、違和感の無い音声を再生してくれますよ^ ^

東芝REGZA Z740XSのタイムシフトとは?

もとちゃん
もとちゃん

東芝レグザと言えば、タイムシフトマシンですよね!

ばくちゃん
ばくちゃん

その、タイムシフトマシンって何ですか?

もとちゃん
もとちゃん

タイムシフトマシンを一言で説明するなら、過去の番組が視聴できるテレビである、という事ですね^ ^

東芝レグザの代名詞とも言えるタイムシフトマシン。

見逃した番組もや録画し忘れた番組を、過去の番組表から選んで視聴することが出来るのが、タイムシフトマシンですね。

もとちゃん
もとちゃん

これだけ聞くと、画期的な機能のように感じますが、注意点が有ります!

まず、別売の純正USBハードディスクを接続する必要がある事。

タイムシフト使用の初期設定は、ユーザーが予め設定する事。

タイムシフトの仕組みは、USBハードディスクにチャンネル録画をする事です。

録画設定できるチャンネル数には上限が有りますし、録画できる時間もハードディスクの容量までになります。

容量オーバーになると、古いデータから消えていくので、気になった番組は、消去されるまでに視聴する必要があります。

それでも、上手に使えば、タイムシフトは便利な機能なので、東芝レグザを検討中の人や、ユーザーの人は、タイムシフトを賢く使いこなして、充実したテレビライフを送ってほしいですね^ ^

■タイムシフトを使うには

別売のレグザ純正ハードディスクが必要。

別売のレグザ純正USBハードディスクTHD-600D2を使用した場合、地上デジタル放送(HD放送)6チャンネルを、最大約80時間分録画が可能。

▼レグザ純正ハードディスクはコチラ

created by Rinker
¥50,000
(2021/07/23 18:35:00時点 楽天市場調べ-詳細)

Z740XSとZ740Xの違い

もとちゃん
もとちゃん

東芝レグザ Z740XSは、21年3月に発売の新機種です。

新機種が出ると、昨年のモデルとの違いが気になりますよね?

ところが、このレグザ Z740XSは、マイナーチェンジ程度しか変わっていません。

店頭で新旧のモデルが並んでいたら、価格の安い20年モデル Z740Xをオススメします^ ^

▼今回ご紹介するテレビの65型はコチラ

東芝REGZA Z740XSの進化点

もとちゃん
もとちゃん

あまり大きな変化のなかったレグザ Z740XSですが、もちろん20年モデルの Z740Xから進化している点もあります。

  • ナチュラル美肌トーン

レグザ Z740XSの進化点の一つが、ナチュラル美肌トーンです。

映像内の人肌を、リアルタイムで検出して、健康的で自然な肌の色に調整する、高画質機能です。

肌の立体感や質感を向上させる事で、映像で見た時にありがちだった、肌の不自然さを補正して、自然な人肌を表現します。

  • 高遮断クロスオーバーフィルター

スピーカーには、高遮断クロスオーバーフィルターを採用する事で、各スピーカーユニットの音域の繋がりを良くして、リアルなサウンドを表現しています。

もとちゃん
もとちゃん

画質、音質共に、向上しているレグザ Z740XSは、画質も音質もこだわりたい人に向けのテレビですね^ ^

東芝レグザZ740Xの口コミ

もとちゃん
もとちゃん

新型レグザ Z740XSは3月発売なので、まだまだ口コミが少ない状態です。

なので、参考までに19年モデルの Z740Xの口コミレビューを、ご紹介していきます。

▼今回ご紹介するテレビの65型はコチラ

東芝REGZA Z740XSのgoodなレビュー

REGZAにした理由はやはりタイムシフト機能です。録画にはそれほどこだわりはなかったですが、使って見るとこれほど便利な機能はありません。テレビを見る時間が格段に増えました。地デジをよく見る方にはオススメです。

画質はびっくりするぐらい綺麗ですが、すぐに慣れてしまうと思います。今回購入にあたってタイムシフトと音質が興味があり購入したが、音質は結構期待していたが、もう少し低音とメリハリがあるとよかったかなぁと感じます。タイムシフトは使った事がなかったので、とても良いです。買った甲斐がありました。全体的に満足しています。

4Kミドルレンジとして画質・機能・デザイン・価格を含めバランスがとても良いと思います。

もとちゃん
もとちゃん

タイムシフトが好評ですね^ ^

画質も高画質で、満足しているユーザーが多いようです。

東芝REGZA Z740XSのbudなレビュー

音・・・については6スピーカーで総80Wと立派ですが線の細い音質で音量を上げてあげないと聞き取りにくいです。なのでちょこちょこ設定をいじっております。

電源OFFからの電源ONするのに5秒以上、これはいただけません。 まぁ、このTVの機能を考えると起動するのに時間がかかるのはやむなしか・・・ あと、リモコンの効きが悪い。

720以降このシリーズは輝度ムラによる 斑点があります。 

パネル交換前の730も薄いもののありました。 

改善はされているものの、残念ながら 740も薄いながらも輝度ムラによる 斑点はあります。

もとちゃん
もとちゃん

Amazon評価4.4、価格.com評価4.4と、いずれも高評価だったので、budなレビューを探す方が大変です(^_^;)

輝度ムラが起こるのは、直下型バックライトの為だと考えられます。

構造上どうしても起こり得る事ですが、白一色の画面にでもしない限り、あまり気にならないと思いますよ。

電源ONにした時の応答速度も、スマートテレビなので、仕方がないのかなぁと思います。

ユーザーの口コミを見てみると、概ね満足のいくテレビだと思います^ ^

まとめ

もとちゃん
もとちゃん

東芝レグザ Z740XSは、こんな人にオススメ!

  • 画質にこだわりたい人
  • 音質にもこだわりたい人
  • 見逃しや録画忘れの経験がある人
  • 大画面4K液晶テレビが欲しい人
  • テレビゲームが好きな人

東芝レグザは、家庭用ゲーム機のレンスポンスが良い事で有名です!

レグザ Z740XSは、テレビ放送やネット動画の視聴以外にも、テレビゲームを高画質で遊びたい人にもオススメの4K液晶テレビです^ ^

▼今回ご紹介するテレビの50型はコチラ

(標準設置料込_Aエリアのみ)テレビ 50型 50Z740XS 東芝 50型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA タイムシフトマシン 4K液晶レグザ

▼今回ご紹介するテレビの55型はコチラ

▼今回ご紹介するテレビの65型はコチラ