美容家電

ヤーマンキャビスパ360の効果は出にくい?!口コミや機能から徹底検証!

ズボンの上に乗っかったブヨブヨのお肉やブラやショーツからはみ出すお肉に悩む人は多いのでは?

頑張って体重を落としてもなかなか消えないハミ肉…

本当に手強いですよね。

そんなハミ肉をどうにかしたい人に朗報!

2019年4月1日に美容家電で有名なヤーマンより発売された「キャビスパ360」がたるんだ体のケアに効果的と話題に!

「高周波EMS」「キャビテーション」などエステ業界で使われている技術を家庭用の美容家電で再現しました。

エステに通う時間とお金を考えれば自宅で本格的なケアが出来るのはうれしいですね。

今までにもヤーマンより、「高周波EMS」「キャビテーション」の美容家電は色々出てきています。

そこで今回は

キャビスパ360の機能

口コミから見るキャビスパ360の魅力

キャビスパRFコアとの違い

を紹介しながらキャビスパ360の魅力について触れていきます。

体を引き締める良い方法を探している人は要チェックです!

キャビスパ360の特徴とは?

キャビスパ360の特徴をまとめると…

キャビス360は脂肪と筋肉の両方にアプローチ出来る優れもの!

主な特徴は3つ!

  1. 脂肪をほぐし柔らかくするキャビテーション
  2. 筋肉を刺激し体を引き締めるEMS
  3. プロの技法をスライドドレナージュを再現

特に【キャビテーション+EMS】というエステでも人気の組み合わせを取り入れている点が魅力です。

キャビテーションとEMSとは?

【キャビテーション】

キャビスパ360は業務用でも使われる330kHzのキャビテーションを搭載しています。

キャビテーションとは体の外側から脂肪細胞を分解する特殊な周波数の超音波振動を与えること。

この超音波振動が凸凹お肉にしっかり働きかけてくれ脂肪細胞を分解します。

分解された脂肪細胞は老廃物としてリンパや血液を通り体の外へ排出されます。

ちなみにキャビテーションをすると代謝が良くなることからむくみにも効果的と言われています。

もうひとつのEMSはエステサロンではキャビテーションの後に別に行われることが多いです。

EMSとは?

電気信号で筋肉に刺激を与えることで筋肉を細かく動かし体を引き締めます。

筋トレするのと近い引き締め効果が得られますが筋トレとの違いは楽して体を引き締められることです。

キャビスパ360ではエクサモードとセルフケアモードの2種類のパターンを好みに応じて使い分けできます。

エクサモード

トントンと筋肉を叩くように刺激し筋肉を鍛える

ボディーのシルエットにメリハリをつけ引き締まった体を目指す人におすすめ。

セルケアモード

筋肉をギューっと揉みほぐすように刺激する

はみ出たお肉や凸凹お肉をケアしたい人におすすめ。

キャビテーションとEMSを組み合わせることで脂肪と筋肉の両面から効果的なアプローチが可能!

しかも通常エステではキャビテーションとEMSは別々の機器を使いますがキャビスパ360なら何と1台で2つのケアが同時に出来るんです

2種類の機器を使い分けるなんて面倒なことをしなくて良いのはうれしいですね。

キャビスパ360はスライドドレナージュを再現!

スライドドレナージュとは脂肪を押し出すプロのエステシャンのハンドテクのこと。

キャビスパ360はプロのハンドケアのような体感がしっかり得られるようにカーブ電極を取り入れています。

体のあらゆる部位にフィットするよう形状にこだわっていて軽く撫でるようにスライドさせるだけで効率良くケアが出来る工夫がされています。

スティック状だから持ちやすいし背中にも届くので全身をくまなく360°ケア出来るのがポイントです。

ケアしたい部位が1ヶ所だけという人の方が少ないと思うので1台でいろんなところに使えるのはかなり便利です。

しかも顔にも使えるフェイスモードを使えば顔のケアも出来るんです。

フェイスモードではフェイスケア用にカスタマイズした多様なEMS波形が表情筋を引き締めてくれます。

首にも使えるので顔をケアしたついでに首回りもスッキリ出来ますよ。

ちなみにフェイスモードはキャビテーションは作動せずEMSのみです。

つまり理屈としてはエステサロンに行かなくてもサロンと同じようなボディーケアが自宅で出来るというわけです。

キャビスパ360を開発したヤーマンは美容業界の現場で使っている業務用機器の製造も手掛けています。

その技術をキャビスパ360にもしっかり生かしているから家庭用でも本格的なボディーケアが出来るというわけです。

お風呂で使える防水仕様

キャビスパ360は防水仕様だからお風呂でも使えます。

そして実はお風呂で使ったほうが効果が出やすいんです。

公式サイトではボディーケアの効果を高めるには入浴中の使用を推奨しています。

体温が上がることで血流やリンパの流れが良くなり基礎代謝も上がることで脂肪の燃焼や排出効果がアップするからです。

さらにキャビスパ360を使う時は専用のジェルがないと滑りが悪かったりEMSの電気信号が伝わらなかったりするのですがお風呂ならジェルも要りません。

使った後はさっと水洗いして乾かしておけばOKなのでお手入れも簡単です。

キャビスパ360のその他の機能

  • お風呂で使えるのでもちろん充電式のコードレス
  • 好みでEMSの強さを5段階調節できる
  • 10分で自動停止するコントロール機能を搭載

一部位10分の使用が目安とされていて10分で自動的に停止するようになっています。

良く考えられた機能ですね。

刺激の強さを微調整出来ることやコードレスなところも快適に使えるポイントです。

キャビスパ360の口コミをチェック!あえて効果を出にくくしてる?!?!

エステのケアを自宅でも出来るように改良したキャビスパ360ですが口コミでの満足度はどうなんでしょうか?

「キャビスパ360を使うことでどのくらいの効果が期待出来るのか」

さっそく調査してみました。

キャビスパ360に関する口コミ

エステでキャビを受けたけどすごくお肉が柔らかくなったのでやっぱり業務用の方が効果がありました。

家庭用も効果が全くないわけではないと思うけど地道に継続する必要がありそうです。

自分で出来るケアとしては充分満足
劇的ではないけど少し足が細くなった気がする
数ヶ月使ってみましたが毎日使わず思い立った時の使用だったせいもあるかも知れませんが目に見える変化はありません。

でも継続が大事だと思うのでこれからも続けます

さすがにエステと同じレベルの効果というわけにはいかないんですね。

まあ考えてみれば当然のことかも知れませんが。

確かにホームページのモニターの使用後の写真では明らかに体が引き締まっています。

でもそれは適切な食事管理と運動を併用し1日平均73分使用した結果ということなのでむしろかなり真面目にダイエットしていますよね。

結局は運動も食事管理も必要でキャビスパ360だけで痩せるのは現実的には難しいわけです。

ただなぜか顔に使用した人に関しては周りが気づくくらいの変化があった人もいました。

お腹のお肉には効果なさそう。顔は若干リフトアップしたかも
自分では気づかなかったが娘に「目の下のタルミと垂れた頬がシュッっとした」と言われた

顔には使っていない人も結構いるようでしたが逆に顔には効果が出やすい商品と言えます。

せっかく顔にも使えるのでぜひやってみてくださいね。

キャビスパ360は家庭用なのであえて威力を抑えている?

業務用のキャビテーションは脂肪が体内に溶け出すことで肝臓に負担がかかったり一時的に血管内の脂肪のリスクも伴うので妊娠中や肝臓、心臓、血管に異常がある人、ペースメーカーを入れている人は施術が受けられません。

口コミでは説明書を見る限りではキャビスパにはそういった注意書きがないとのことです。

つまり家庭用ということもあり少し威力を押さえてでもまずは安全面を重視していると言えます。

その代わりに誰でも簡単に扱えるよう使いやすさにこだわった設計になっています。

ただ安全性は高いとはいえ、使っていて肌に赤みが出たりなどの異常を感じる人もゼロではありませんでした。

また、EMSの電気信号のビリビリがどうしても苦手という人もいました。

そもそも美容家電自体が使う人の体型や体質によって効果の感じ方に個人差の大きい商品なので合わない人がいるのは仕方ないことではあります。

ただ口コミ全体を見る限りでは決して安くはない商品の割には辛口評価は少なかったです。

キャビスパ360だけで痩せようというのではなく頼もしいサポート役として考えれば心強い存在になるでしょう。

キャビスパRFコアとの違い

キャビスパRFコアに改良を加えたのがキャビスパ360ですがこの2つは共通点が多くあります。

キャビスパ360もキャビスパRFコアもキャビテーション+EMSの機能は共通です。

コードレスで防水仕様、顔にも使えるという点でも同じで定価も一緒です。

2つの商品名の違い「360」と「RF」という部分がそのままそれぞれの違いを表しています。

キャビスパ360は名前の通り全身どこでも使いやすく背中にも使えるし体の丸みや凹凸にもよりフィットしやすい特徴的な形状です。

一方のキャビスパRFコアのRFというのはラジオ波で体を温める機能のこと。

体を温めながらボディーケアが出来るので冷え性や代謝が落ち気味の人にはRFコアがおすすめです。

他に違う点は

  • キャビスパRFコアはラジオ波が使える代わりにEMSの高周波モード、スライドドレナージュの機能がない
  • キャビスパRFコアの方が肌の接触面積が大きいので一気に広範囲のケアが出来る

比べると確かに細かい機能の差はあるのでより自分に合う方を購入したいものです。

キャビスパ360がおすすめなのはこんな人

☑️背中などキャビスパRFコアではケアしにくいところをケアしたい

☑️分解した脂肪をスムーズに排出するドレナージュ機能が欲しい

☑️高周波EMSでよりしっかりと筋肉を引き締めたい

キャビスパRFコアがおすすめなのはこんな人

☑️体を温めることで代謝を良くし、より脂肪をスムーズに分解したい

☑️広範囲を効率良くケアしたい、出来ればあまりケアに時間をかけたくない

どちらも基本的な性能では共通点が多いのであとは好みの問題ですね。

まとめ

キャビスパ360はプロのエステ並の効果とはいきませんがエステと違って毎日出来ることを考えれば魅力的です。

うまく活用すればダイエット効果が高まる可能性は高いです。

キャビスパ360は運動や食事療法とは違う角度からのアプローチが出来るので食事も運動もやっているけど痩せないという人には特におすすめ。

シェイプアップの効果を高めたい人はキャビスパ360でのセルフケアを始めてみてはいかが。