映像家電

【口コミレビュー】ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと55U7Eや58S6Eとの違いは?ハイセンス4K液晶テレビのスタンダードモデルの実力とは?

ばくちゃん
ばくちゃん
はじめまして!乾燥肌に悩ませられているさはら・S・ばくですヾ(*´∀`*)ノ

寒い冬の日は、あったかい家の中でテレビを観るのはどうでしょうか?

リビングで家族揃って観るなら、やっぱり大画面のテレビがいいですよね^ ^

大画面テレビは高い?

実は、大画面でもコスパの良いテレビが有るんですよ(o^^o)

今回紹介するテレビは、ハイセンスの55型4K液晶テレビ「55U7F」です。

現在の店頭価格が約8万円前後と、とってもリーズナブル!

しかも、安いだけじゃないんです!

それでは、ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fの実力を、たっぷりとご紹介していきますので、ご参考いただけましたら幸いです(*˘︶˘*)

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと55U7Eの違い

ばくちゃん
ばくちゃん
2020年5月下旬発売のハイセンス4K液晶テレビ55U7Fを、19年モデル55U7Eと比較しながら、詳しく紹介していきます。

そもそもハイセンスってどこのメーカー?

ばくちゃん
ばくちゃん
そもそも、ハイセンスってあまり聞かないメーカーなんですが(ー ー;)

ハイセンスは、中国山東省青山に本拠を置く、中国の家電メーカーですね!

近年、日本に進出してきて、グングン売上を伸ばしています。

ばくちゃん
ばくちゃん
なるほど〜^ ^

価格が安いのは、中国メーカーだからなんですね。

でも、中国メーカーと聞くと、どうしても製品に対して不安が出てきてしまうのですが(-。-;

そういったイメージを持つ方って多いですよね?

でも、ハイセンスのテレビはイイ物ですよ^ ^

なぜなら、東芝の映像部門、東芝映像ソリューションを子会社に持ち、東芝REGZAの技術が使用されているんです。

ばくちゃん
ばくちゃん
コスパがいい訳は、そういう事だったんですね!

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと55U7Eの基本性能の違いは?

ばくちゃん
ばくちゃん
ハイセンス4K液晶テレビのスタンダードモデル「55U7F」と、19年モデルの55U7Eには、基本性能の違いはあるのでしょうか?

ハイセンス55U7Fは、4Kチューナーを1系統、地デジ・BS/CSチューナーを3系統搭載した、4K液晶テレビです。

チューナー数は、20年モデル、19年モデルどちらも同じ構成ですね^ ^

また、ハイセンス独自のプラットホーム「VIDAA」を搭載していて、豊富なネット動画を視聴できるようになっています。

20年モデルの55U7Fと、19年モデルの55U7Eの違いは、映像エンジンと、液晶パネルにあります。

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと55U7Eの映像エンジンの違いは?

ばくちゃん
ばくちゃん
テレビの心臓部とも言える、映像エンジンですが、今回紹介する55U7Fと19年モデルの55U7Eは、同じエンジンを使用しているのでしょうか?

55U7Fの映像エンジンは、東芝映像ソリューションと共同開発の、NEOエンジン2020を採用しています。

階調表現や微小信号の再現性が向上していて、特に、映像の平坦部分やエッジ部分を識別して、ノイズを低減する、ノイズ処理は優秀です^ ^

19年モデルの55U7Eは、レグザエンジンNEO plusが採用されていました。

レグザの名を冠するだけあって、信頼性のある映像エンジンですが、やはり、新開発のエンジンの方が、映像の表現力はイイですね!

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと55U7Eのパネルの違いは?

ばくちゃん
ばくちゃん
ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fの、液晶パネルには、何か特徴は有るのでしょうか?

55U7Fの液晶パネルは、画素数が3840×2160の4K液晶パネルです。

バックライトは直下型のVAパネルです。

このハイセンス4K液晶テレビ55U7Fのパネルには、バックライトブーストフィルムが内蔵されています。

これまでロスしていたバックライトの光を、バックライトバーストフィルムで反射させる事で、再利用!

輝度を全体的に明るくする事で、見やすく、コントラストの表現が豊かになっています。

19年モデルの55U7Eでは、バックライトは画面下に一列に配置された、エッジ型だったので、20年モデルの55U7Fの方が、明るい映像を楽しめそうです^ ^

しかし、19年モデルでは、倍速液晶を採用されていましたが、55U7Fでは倍速非対応になっています。

ばくちゃん
ばくちゃん
パネルの基本性能は、バックライトブーストフィルターの採用で、明るく仕上がっているようですが、倍速機能が非対応になったのが残念ですね(ー ー;)

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと58S6Eの違い

ばくちゃん
ばくちゃん
ハイセンスのテレビには、58S6Eというモデルもありますよね?

このモデルと、55U7Fとの違いは何でしょうか?

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと58S6Eの基本性能の違いは?

ばくちゃん
ばくちゃん
ハイセンス4K液晶テレビの58S6Eも、店頭価格が8万円前後と、55U7Fと同じような価格ですが、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

58S6Eも、ハイセンス4K液晶テレビのスタンダードモデルです。

55型よりちょっと大きめが欲しい人は、このモデルがオススメです!

55U7Fと58S6Eは、基本性能に違いはありませんが、映像エンジンと液晶パネルが違っています。

ばくちゃん
ばくちゃん
テレビの違いって、大体が映像エンジンか、パネルなんですね(^_^;)

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと58S6Eの映像エンジンの違いは?

55U7Fの映像エンジンは、新開発のNEOエンジン2020

一方、58S6EはレグザエンジンNEOを搭載しています。

ノイズの低減や、信号処理能力は、55U7Fの方が優秀と言えるでしょう。

ばくちゃん
ばくちゃん
やっぱり、映像信号の処理に関しては、新しい映像エンジンの方がいいという訳ですね^ ^

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと58S6Eの液晶パネルの違いは?

ばくちゃん
ばくちゃん
55U7Fと58S6Eのパネル性能には、違うところがあるのでしょうか?

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fと58S6Eの、液晶パネルの違いですが、どちらもバックライトブーストフィルムを搭載した、バックライト直下型のVAパネルです。

明るさは同等のパネルですが、58S6Eの液晶パネルは倍速対応なので、スポーツなどの動きの大きな映像は、滑らかに映し出してくれます。

ばくちゃん
ばくちゃん
58S6Eの方には、倍速表示の液晶パネルが搭載されているんですね^ ^

映像エンジンでは55U7F、液晶パネルでは58S6Eの方がイイモノのようですね^ ^

価格帯も同じ位なので、どちらにするか悩ましいところですね(^^;;

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fの口コミ

ばくちゃん
ばくちゃん
ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fの口コミレビューを、紹介していきましょう^ ^

完璧かというとそうではありませんが、55インチという画面サイズで、動画配信サービスを備え、チューナーも複数搭載しているという性能において8万円弱という値段を考えれば、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。海外企業ですがマニュアル、メニューなどで日本語におかしいところもなく、普通に日本のテレビとして使えることに脅威を感じました。

VAパネルということで正面からの発色はとても良いです。値段を考えたら満足度が高いです。ただし、視野角は狭い部類に入ると思います。上下左右、すこし正面から外れると少しだけ白っぽさが増します。リビングなどで様々な角度から見る場合は気になる人は気になるかもしれません。

リモコンにあるVODボタンも重宝しています。ちなみにタイムシフト用に使用してた外付けHDDをこちらに繋いだところ、通常録画用に使えそうです。なにより55型でこのレベルが75000円台で買えたのが大満足です。

リビングのテレビとして購入しました。

画質、操作性などバランスの良い機種だと感じました。ただし、周辺機器(Panasonic DIGA、バッファロー おもいでばこ)リモコンとの連携ができないことに購入後に気が付きました。

ばくちゃん
ばくちゃん
大型テレビで、8万円前後の価格帯は、非常にコストパフォーマンスがイイですね^ ^

ポジティブなレビューが大半ですが、中には少数ですが、今ひとつのレビューも有りました。

耐久性を疑問視するレビューもありましたが、ハイセンスは3年間のメーカー保証が付いているので、安心して使えるのではないでしょうか。

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fは、ベストな選択ではないけれど、ベターな選択といった感じですね(^^)

まとめ

ハイセンス4K液晶テレビ55U7Fは、こんな人にオススメ!

  • 4K放送を楽しみたい
  • オンデマンド動画を楽しみたい
  • コスパの良いテレビが欲しい
  • 大画面テレビが欲しい
  • 大画面でゲームを楽しみたい

東芝系の映像エンジンは、以前からゲームに強いと評判ですので、このハイセンス4K液晶テレビ55U7Fも、ゲームに向いているテレビです。

テレビ放送、オンデマンド動画、ゲームプレイと、楽しみ方いろいろのテレビです^ ^