MENU

徹底比較!ハイセンス40/32A4N/A40Hの違いは?レビューはどう?

  • URLをコピーしました!

それぞれ機能も充実してる、正直どれを購入したら良いかわからない。

そんなテレビ選びで迷っている皆さん!

今日はHisenseの大人気モデル、A4NとA40Hを徹底比較していきますね!

今回ご紹介します商品はこちら(最安価はここ)↓

created by Rinker
¥34,020 (2024/05/18 13:41:33時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

違いは?ハイセンス40/32A4N/A40Hの評判は?:画質

では、Hisense A4NとA40Hの画質を比較してみましょう。

どちらのテレビも素晴らしい映像体験を提供しますが、細かな違いを知ることで、あなたの家庭に最適な選択ができるでしょう。

それでは、どちらのモデルがあなたの目を魅了するか、見ていきましょう!

画質:クリアな勝者はどっち?

A4N: このモデルはFHD解像度を提供し、日常のテレビ視聴に十分なクリアさと色の鮮やかさを持っています。普段使いには完璧な選択肢。

A40H: 一方、A40HはNEOエンジン2K Smartを搭載しており、さらに鮮明な画像と滑らかな動きを実現。

スポーツやアクション映画のファンには、この追加された画質が大きな違いを生むでしょう。

A4N: 定評のあるFHDクオリティ

A4NはFHD(フルHD)解像度を提供します。これは1920×1080ピクセルの解像度で、日常のテレビ視聴や映画鑑賞に十分なクリアさを保証します。

色の再現性も高く、普段使いには完璧な選択肢です。ドラマや通常のテレビ番組を見る際には、この解像度で充分に美しい映像を楽しむことができます。

A40H: NEOエンジン2K Smartで次元が違う

一方、A40Hは「NEOエンジン2K Smart」を搭載しており、その画質は一段と向上しています。

このエンジンはFHD以上のクリアさを実現し、動きの速いシーンでも滑らかで鮮明な画像を提供します。

特にスポーツやアクション映画のファンにとっては、この高度な画像処理能力が大きな魅力です。

動きの激しいシーンでも細部までクリアに捉えるため、まるでその場にいるかのような感覚を味わえます。

テクノロジーの違いが生む映像体験

A4Nが基本的なニーズを満たすのに対し、A40Hはより高度な画像技術を駆使しています。

例えば、A40Hの「エリア別クリア復元」機能は、画面をさまざまなセクションに分けてそれぞれ最適な画質を調整することで、全体の画像バランスを整えます。

これにより、暗いシーンや明るいシーンのコントラストがより鮮やかに表現され、視覚的なリアリティが増します。

まとめ:どちらを選ぶべきか?

  • A4N: 日常的な使用に最適で、鮮明でクリアなFHD画質。
  • A40H: 高度な画像処理能力が求められる方や、よりリアルな視覚体験を求める方におすすめ。

どちらのモデルも一定の品質を提供していますが、あなたの視聴習慣や好みによって

最適なモデルは異なります。A4Nで十分な方もいれば、A40Hの高性能をフルに活用したいと考える方もいるでしょう。

↓それぞれさらに詳しく紹介していたり、違う商品との違いをまとめている記事がありますので、ぜひ一緒にご覧ください!

ハイセンス40/32/24A40Hの評判は?
ハイセンス40/32/24A4Nの評判は?
ハイセンス40/32/24A4N/E40Hの違いは?

違いは?ハイセンス40/32A4N/A40Hの評判は?:画質音質

音質:部屋がコンサートホールに変わる?

A4N: Eilex PRISMによる高品質なサウンドを提供し、明瞭でバランスの取れたオーディオ体験が可能です。

これは、日常的にテレビを楽しむ多くの家庭にとって十分すぎるほど。

A40H: さらに一歩進んで、Eilex FOCUSを搭載しているのがA40Hです。

これにより、部屋のどこにいても一貫した音質を体験でき、特に大きなリビングでの視聴に最適。

もちろんです!Hisense A4NとA40Hの音質比較についてもう少し詳しくご紹介しましょう。

どちらのモデルも素晴らしい音響体験を提供しますが、細かい違いがあるんです。

さて、どちらがあなたの耳にフィットするか、見ていきましょう!

A4N: クリアでバランスの良いサウンド

A4Nモデルは、Eilex PRISM技術を採用しており、これによりクリアで自然な音質が提供されます。

映画の台詞や音楽の細かなニュアンスまでしっかりと捉え、リビングルームに均一な音響空間を作り出します。

普段使いには十分すぎるほどの性能で、家族みんなが満足する音質です。

A40H: どこにいても同じ音質を

一方、A40Hはさらに一歩進んでEilex FOCUS技術を搭載しています。

これは、部屋のどこにいても均等に良質なサウンドを楽しむことができるため、特に広いリビングでの使用に最適です。

大画面で映画を観る際も、サウンドの位置が画面に完璧に同期し、まるで映画館で観ているかのような臨場感を体験できます。

どちらのモデルも優れた自動音声モードを装備

さらに両モデルとも、内容に合わせて最適な音設定に自動的に調整する「自動音声モード」を搭載しています。

ニュースを見るときはクリアな会話、アクション映画を見るときは迫力ある効果音を強調するなど、ジャンルに最適な音で楽しめます。

まとめ: どのモデルを選ぶべきか?

  • A4N:日常的な使用に最適で、クリアな音質を求める家庭にピッタリ。
  • A40H:広いスペースで臨場感あふれる音響を求めるなら、このモデルが最適。

どちらのモデルもあなたの家庭に映画館やコンサートホールのような体験をもたらします。購入するなら今がチャンスですよ!

新しいテレビで、家族みんなのエンターテインメントライフをレベルアップさせましょう。

自宅を映画館にするならコレ(最安価はここ)↓

created by Rinker
¥34,020 (2024/05/18 13:41:33時点 楽天市場調べ-詳細)

違いは?ハイセンス40/32A4N/A40Hの評判は?:画質便利機能

スマート機能とユーザーインターフェース

両モデルともVIDAAプラットフォームを搭載しており、NetflixやAmazon Prime Videoなどの主要なストリーミングサービスへのアクセスが簡単です。

しかし、A40Hでは、ダイレクトアクセスボタンがリモコンに追加されており、使用頻度の高いアプリへのショートカットが可能です。

Hisense A4NとE40Hのそれぞれが対応しているVODサービスの一覧をまとめてみました。

両モデルとも、さまざまなストリーミングサービスにアクセス可能です。

A4NとE40HのVOD対応一覧

VODサービスA4NE40H
Netflix
Amazon Prime Video
YouTube
Hulu
Disney+
Rakuten TV
Abema TV
U-NEXT
dTV
SPOOX
DMM.com
Paravi

両モデルとも、VIDAAプラットフォームを通じて上記のVODサービスにアクセス可能です。

リモコンのダイレクトアクセスボタンを利用すれば、特にE40Hではお気に入りのサービスへよりスムーズにアクセスできます。

好みのVODを楽しむために、これらのテレビを活用してみてください!

ハイセンス40/32A4N/A40Hを違いを徹底比較!

Hisense A4NとE40Hのスペックを比較するために、一つの表にまとめました:

特徴Hisense A4NHisense E40H
画面サイズ32インチ、40インチ32インチ、40インチ
解像度32インチ:HD (1366×768)32インチ:HD (1366×768)
40インチ:Full HD (1920×1080)40インチ:Full HD (1920×1080)
画質エンジン標準画質エンジンNEOエンジン2K Smart
パネルタイプ32インチ:ADSパネル32インチ:ADSパネル
40インチ:VAパネル40インチ:VAパネル
消費電力32インチ:60W32インチ:60W
40インチ:74W40インチ:74W
オーディオEilex PRISM、Eilex FOCUSEilex PRISM、Eilex FOCUS
スピーカー出力32インチ:6W + 6W32インチ:6W + 6W
40インチ:7W + 7W40インチ:7W + 7W
スマート機能VIDAAプラットフォームVIDAAプラットフォーム
VOD対応Netflix, Amazon Prime Video, YouTubeなどNetflix, Amazon Prime Video, YouTubeなど
リモコン標準リモコンダイレクトアクセスボタン付きリモコン
接続性HDMI、USB、LAN、Wi-FiHDMI、USB、LAN、Wi-Fi
チューナー地デジ×2、BS・CS×2地デジ×2、BS・CS×2
特別機能自動音声モード自動音声モード
オートボリューム、クリア音声オートボリューム、クリア音声
録画機能USB外付けHDD録画対応USB外付けHDD録画対応
対象視聴者日常的なテレビ視聴、映画鑑賞スポーツ観戦、映画鑑賞、高品質オーディオ

このスペック表を基に、あなたの視聴スタイルに合わせて最適なテレビを選んでみてください。どちらのモデルも、それぞれの用途に合わせて優れた機能を提供します。

Hisense A4NとE40Hのスペック表から見える、主な違いを以下にまとめました。

  1. 画質エンジン
  • A4N: 標準的な画質エンジンを搭載しています。
  • E40H: NEOエンジン2K Smartを搭載し、より高度な映像処理が可能です。特にスポーツや映画など、動きの多いシーンでもクリアな画質を提供します。
  1. リモコン
  • A4N: 標準的なリモコンを使用しています。
  • E40H: ダイレクトアクセスボタン付きリモコンが搭載されており、特定のストリーミングサービスに素早くアクセスできます。
  1. 画質エンジンの能力
  • A4N: 基本的なFHDおよびHD画質を提供します。
  • E40H: より高精細な画質エンジンにより、映像の鮮明度とコントラストが高まっています。
  1. 特別機能
  • A4N: Eilex PRISMとEilex FOCUSのオーディオ技術を搭載し、標準的な自動音声モードを持っています。
  • E40H: Eilex PRISMとEilex FOCUSに加え、NEOエンジン2K Smartによる高画質映像処理で、より豊かな視聴体験を提供します。

まとめると、A4Nは基本的なスマートテレビとして十分な機能を提供し、日常のテレビ視聴に適しています。一方、E40HはNEOエンジン2K Smartとダイレクトアクセスリモコンによって、よりリッチなエンターテインメント体験を求める方に最適です。

↓それぞれさらに詳しく紹介していたり、違う商品との違いをまとめている記事がありますので、ぜひ一緒にご覧ください!

ハイセンス40/32/24A40Hの評判は?
ハイセンス40/32/24A4Nの評判は?
ハイセンス40/32/24A4N/E40Hの違いは?

おすすめの理由

A4N:シンプルで使いやすいスマートテレビ

おすすめの用途: 普段から気軽にテレビを楽しみたい方、映画やドラマ鑑賞、家族みんなでのバラエティ番組視聴など。

おすすめ理由: A4Nは、FHDまたはHD解像度で、標準的な画質エンジンを搭載しています。

つまり、普段のテレビ視聴やストリーミングでの映画鑑賞に十分なクオリティで、各種エンターテインメントを楽しむことができます。

Eilex PRISMとEilex FOCUSによるクリアな音質や、VIDAAプラットフォームでの簡単なストリーミングサービスへのアクセスも魅力です。

シンプルで使いやすく、必要な機能が揃っているため、気軽にスマートテレビを使いたい方にぴったりです。

E40H:高性能でより没入感のある視聴体験

おすすめの用途: 映画やスポーツ観戦、ゲームプレイなど、リッチな映像と音響体験を楽しみたい方。

おすすめ理由: E40Hは、NEOエンジン2K Smartで映像処理がさらに向上し、動きの速いシーンでもクリアで鮮やかな画質を実現します。

これにより、スポーツ観戦やアクション映画などの視聴に最適です。

Eilex PRISMとEilex FOCUSによる音質強化もあり、サウンドの没入感を向上させます。

さらに、ダイレクトアクセスボタン付きリモコンで、好みのストリーミングサービスに素早くアクセス可能。

映画、スポーツ、ゲームでリッチな視聴体験を求める方には、このモデルがおすすめです。

どちらも各用途に合わせて魅力的な選択肢なので、自分の視聴スタイルに合わせて楽しんでください!

大人気のテレビはこちら(最安価はここ)↓

created by Rinker
¥34,020 (2024/05/18 13:41:33時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめ:まとめなぜ今がアップグレードのベストタイミングか?

テレビ技術は常に進化しており、Hisenseのこれらのモデルも例外ではありません。

特にA40Hに搭載されているNEOエンジン2K Smartは、最新技術を取り入れることで、今後数年間テレビ技術のトレンドをリードすることが予想されます。

今アップグレードすることで、最新の映像技術を長く楽しむことができるのです。

  • A4N:
  • 高品質なFHD画像
  • 優れた基本的な音質
  • 価格効果的で、スマートテレビ入門に最適
  • 日常のテレビ視聴に必要十分な機能
  • A40H:
  • 高度なNEOエンジン2K Smartでの優れた画質
  • Eilex FOCUSによるどこにいても均一な音質
  • 直アクセスリモコンで使い勝手が良い
  • スポーツや映画愛好家に最適な選択

画質、音質、使い勝手、価格のどれを取るか、それによって最適なモデルが変わってきます。

でも安心してください、Hisenseならどちらのモデルも間違いなくあなたの期待を超えてくれるはずです。

さあ、新しいテレビで新しい視聴体験を始めましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次