MENU

ハイセンス 43A6K/E6Kとの違いは?!レビューで徹底解剖!

  • URLをコピーしました!

この2つの機種は品番は似ていますが、機能は変わってきます!
カンタンにまとめると…

画質: E6KシリーズのHI-VIEWエンジンLiteがAIネット映像高画質処理を行うため、画質面ではE6Kが優位です。特に低クオリティコンテンツの映像向上が期待できます。

音質: 両シリーズともに同等のオーディオ出力を持ち、高音質機能が充実しています。

機能性: スマート機能や接続オプションはどちらのシリーズも同等ですが、E6Kの方がゲームや高解像度の映像処理に特化している点で少しリードしています。

使い勝手: E6Kシリーズのスマート機能とスクリーンシェア機能は、特に多機能リ

モコンと組み合わせることでより便利です。

この比較から、どちらのテレビを選択するかは、求める画質と特定の機能によりますが、全般的な使い勝手とスマート機能を重視する場合はE6Kシリーズがおすすめですよ!

↓今回ご紹介する商品はこちら(最安価調べました!)

created by Rinker
¥93,420 (2024/05/19 01:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

では詳しく深掘りをしていきましょう!

目次

Hisense A6Kシリーズ vs E6Kシリーズ スペック比較表

以下の表では、Hisenseの二つのポピュラーなテレビシリーズ、A6KとE6Kの主要スペックを比較しています。

それぞれのモデルで共通のスペック要素を対比してみましょう。

また、違う部分をカンタンに箇条書きで書きましたので、合わせてお読みくださいね^^

スペックA6KシリーズE6Kシリーズ
画面サイズ75V型, 65V型, 55V型, 50V型, 43V型75V型, 65V型, 55V型, 50V型, 43V型
画素数3840×21603840×2160
パネルタイプADS (50V型のみVA)ADS (50V型のみVA)
HDR対応HDR10/HLG/Dolby VisionHDR10/HLG/Dolby Vision
視野角178°/178°178°/178°
消費電力210W, 205W, 141W, 132W, 125W210W, 205W, 141W, 132W, 125W
年間消費電力量173kWh, 145kWh, 115kWh, 110kWh, 98kWh173kWh, 145kWh, 115kWh, 110kWh, 98kWh
オーディオスピーカー配置 2.0chスピーカー配置 2.0ch
スピーカー出力30W, 20W, 16W, 16W, 14W30W, 20W, 16W, 16W, 14W
チューナー地上デジタル/BS・110度CSデジタル地上デジタル/BS・110度CSデジタル
スマート機能VIDAAVIDAA
スマートホーム対応Works with Alexa / Apple HomeWorks with Alexa / Apple Home
接続機能HDMI 2.1, USB, BluetoothHDMI 2.1, USB, Bluetooth
特別機能3年保証, 多機能リモコン3年保証, 多機能リモコン
サイズ(スタンド含む)複数サイズ複数サイズ
壁掛け対応VESA対応VESA対応

スペック表から抽出したHisense A6KシリーズとE6Kシリーズの主な違い

  1. 映像エンジン:
  • A6Kシリーズ: 映像エンジンの詳細は不明ですが、標準的な画質向上技術を使用。
  • E6Kシリーズ: HI-VIEWエンジンLiteを搭載し、AIを用いた映像処理が可能で、低品質コンテンツの画質向上が特徴。
  1. 映像処理技術:
  • A6Kシリーズ: 一般的な画質改善機能。
  • E6Kシリーズ: AIネット映像高画質処理を採用し、色濃度、超解像処理、輝度調整、ダイナミックガンマ補正を含む詳細な映像調整が可能。
  1. スマート機能:
  • 両シリーズ: VIDAAプラットフォームによるスマート機能を提供。
  • E6Kシリーズ: 追加のスマートホーム統合機能を備え、特にAmazon AlexaやApple Homeとの連携が強化されています。
  1. ゲーミング機能:
  • A6Kシリーズ: 基本的なゲーミングサポート。
  • E6Kシリーズ: ALLM(Auto Low Latency Mode)に対応し、ゲーム時の入力遅延を最小限に抑える。
  1. 音声機能:
  • 両シリーズ: 高品質なオーディオ技術を搭載。
  • E6Kシリーズ: 音声操作機能VIDAA Voiceをサポートし、リモコン操作以外にも音声でのテレビ操作が可能。
  1. 接続オプション:
  • 両シリーズ: 複数のHDMI 2.1ポート、USBポート、Bluetooth接続。
  • E6Kシリーズ: スマートスピーカーとの連携が可能で、スマートフォンからのスクリーンシェア機能が充実しています。
  1. デザイン:
  • 両シリーズ: 類似したスリムでモダンなデザインを採用。
  • E6Kシリーズ: 一部のモデルで低反射パネル(ADS)を使用していることが強調されていますが、実際の違いは明確ではないかもしれません。

これらの比較から、E6Kシリーズはより進んだAI映像処理とスマート機能を備えており、特にテクノロジー愛好家や積極的にスマートホームデバイスを利用しているユーザーに適しています。一方、A6Kシリーズは基本的な機能を提供し、価格を重視するユーザーに適している可能性があります。

↓今回ご紹介する商品はこちら(最安価調べました!)

created by Rinker
¥93,420 (2024/05/19 01:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

では、さらに深掘りをしていきましょう!!

1. デザインとビルドクオリティ

両シリーズは、現代的なデザインとスリムなベゼルが特徴で、どちらもリビングにスタイリッシュな印象を与えます。A6KとE6Kは、大きな画面サイズの選択肢があり、75V型から43V型まで幅広く提供されています。E6Kは、特に低反射仕様のADSパネルを採用している点がポイントです。

2. 画質とパフォーマンスとゲーミング機能

A6Kシリーズは、高画質・高音質な視聴体験を提供し、特に3年保証が魅力的です。一方、E6Kシリーズは、HI-VIEWエンジンLiteを搭載し、AIによるネット映像高画質処理が施されています。

これにより、E6Kは低クオリティのコンテンツも美しく映し出すことが可能です。

ゲーマーにとって重要なのがレスポンスタイムです。A6Kシリーズは基本的なゲーミングニーズに対応していますが、E6KシリーズはALLM対応で低遅延モードがあり、特に高解像度のPCゲームに適しています。

画質とパフォーマンスの比較:Hisense A6Kシリーズ vs E6Kシリーズ

HisenseのA6KシリーズとE6Kシリーズはどちらも素晴らしい視聴体験を提供しますが、技術的な詳細と特徴にはいくつかの違いがあります。ここでは、それぞれの画質とパフォーマンスに焦点を当てて比較してみましょう。

1. 解像度と画素数

  • A6KシリーズE6Kシリーズは、どちらも3840×2160の4K解像度を提供しています。これにより、鮮明で詳細な画像が得られ、高解像度コンテンツをフルに活用できます。

2. パネル技術

  • 両シリーズは基本的にADSパネルを使用していますが、50V型に関してはVAパネルが使われています。ADSパネルは広い視野角と高い色精度を提供し、VAパネルはより深い黒色とコントラストを実現します。

3. HDR対応

  • A6KとE6Kは共にHDR10、HLG、およびDolby Visionに対応しており、広い色域と高いダイナミックレンジを楽しむことができます。これにより、明るい場面と暗い場面のディテールがはっきりと表現されます。

4. 映像エンジンと処理技術

  • E6Kシリーズは「HI-VIEWエンジンLite」を搭載しており、AIによる映像処理が可能です。これにより、ストリーミングコンテンツや低品質のビデオでも、色濃度、超解像処理、輝度、ダイナミックガンマ補正を最適化して、画質を向上させます。
  • A6Kシリーズは詳細な映像エンジンの情報は提供されていませんが、一般的な画質向上機能を備えていると考えられます。

5. ゲーミング性能

  • 特にE6Kシリーズはゲームモードにおいて低遅延を実現するALLM(オートローラテンシーモード)をサポートしており、ゲームプレイ時の入力遅延を大幅に削減します。これは、特にリアルタイムでの反応速度が求められるゲームにおいて利点となります。

画質性能の総合評価は

  • 映画視聴: HDRサポートと広い視野角により、どちらのシリーズも素晴らしい映画鑑賞体験を提供しますが、E6Kの高度な画質処理がよりリッチなビジュアルを提供します。
  • 日常的なテレビ視聴: A6Kシリーズでも十分ですが、E6KのAI映像処理による画質の向上は、特に様々な品質のコンテンツを視聴する場合に顕著な差となります。
  • ゲーム用途: E6Kシリーズがゲーマーに

とってはより適した選択肢です。低遅延モードとHDMI 2.1のサポートにより、ゲームプレイがスムーズになります。

選択は用途によりますが、E6Kシリーズは全体的に高いパフォーマンスを発揮するため、多機能を求めるユーザーには特におすすめです。

↓今回ご紹介する商品はこちら(最安価調べました!)

created by Rinker
¥93,420 (2024/05/19 01:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

3. スマート機能と接続性

両シリーズともVIDAAプラットフォームを採用しており、NetflixやYouTubeなどのアプリがプリインストールされています。E6Kは、Airplay2やBluetoothによる接続オプションを含む豊富な接続機能を持っているため、より多様なデバイスとの互換性があります。

Hisense A6KシリーズとE6Kシリーズのスマート機能と接続性の比較

HisenseのA6KシリーズとE6Kシリーズはどちらもスマート機能に優れていますが、いくつかの微妙な違いがあります。これらの違いを詳しく見てみましょう。

スマートプラットフォーム

  • 共通点:両シリーズともにHisenseのVIDAAプラットフォームを採用しています。これにより、直感的で使いやすいインターフェースと、アプリへの迅速なアクセスが可能です。
  • 特徴的なサービス:Netflix、Amazon Prime Video、YouTubeなどの一般的なストリーミングサービスがプリインストールされており、その他の多くのアプリケーションも利用可能です。

接続性

  • HDMIとUSB:両シリーズはHDMI 2.1対応ポートを含む複数のHDMI入力を備えており、最新のゲーム機やその他のデバイスに対応しています。USBポートも搭載しており、外部ストレージデバイスの接続やメディアの再生が可能です。
  • Bluetooth接続:Bluetooth機能を介してワイヤレスオーディオデバイス(ヘッドフォンやサウンドバー)と接続が可能です。これは家族が寝ている間に映画を楽しむ際に便利です。

スマートホーム統合

  • 共通点:両シリーズともに「Works with Alexa」と「Apple Home」に対応しており、声によるコントロールが可能です。これにより、視聴中のコンテンツの調整や他のスマートホームデバイスとの連携が簡単に行えます。
  • 追加機能:E6Kシリーズでは、スマートスピーカーとの連携が強化されており、Amazon EchoやGoogle Homeなどのデバイスを通じてテレビを操作することができます。

ネットワーク接続

  • 無線LANと有線LAN:どちらのシリーズも高速無線LAN(IEEE802.11ac)をサポートしており、有線LAN接続も可能です。これにより、インターネット接続が安定し、ストリーミング体験が向上します。

結論

A6KシリーズとE6Kシリーズの間でスマート機能や接続性に大きな差はありませんが、E6Kシリーズの方が若干先進的なスマートホーム統合機能を持っている点が異なります。どちらのシリーズも現代のスマートテレビが求められる基本的な要件を満たしており、豊富なコンテンツアクセスと便利な接続オプションを提供しています。選択は個人のニーズに依存しますが、スマートホームデバイスの多用を考えている場合はE6Kシリーズが若干有利かもしれません。

ハイセンス 43A6K/E6Kのレビューは?!

現在集計中ですのでお待ちくださいませ!

まとめ

  • デザイン愛好家:どちらのシリーズもスタイリッシュですが、E6Kの低反射パネルは魅力的。
  • 映画ファン:E6Kの高度な画質処理機能が最適。
  • ゲーマー:高性能を求めるならE6K。
  • 一般的な家庭用:A6Kはコストパフォーマンスに優れています。

↓今回ご紹介する商品はこちら(最安価調べました!)

created by Rinker
¥93,420 (2024/05/19 01:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

最終的な選択は、どの機能が最も重要かという個人のニーズに依存しますが、高機能を求めるならE6K、コストを重視するならA6Kがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次