キッチン家電

冷蔵庫の製氷機の氷が落ちない?!我が家が直した方法と衝撃な原因とは!

冷蔵庫の製氷機の氷がでないーーーー!!

と、お困りの方へ…

・氷ができない、作られていない原因は何?

・氷ができない、作られていない時の対策は?

上記の解決法をお伝えします。

実は、先日我が家の冷蔵庫がまだ3年しか使っていないのに氷が出てこなくなってしまいました。。。(._.)

どうにかこうにか自分で調べて試行錯誤して試してみましたが。。。。

なんと!!!!!!

直せたんです^^

しかし、驚きで震え上がるようなものが原因でした…。

どんな方法で直せたのかをご紹介したいと思います!

冷蔵庫の製氷機の氷ができない原因は何?

ズバリ製氷機から氷が出て来なくなった原因は…!!!

心して聞いて下さいね…(-“-)

それは…

”カビ”です!!!!!

ぱっと見た時はこれはタピオカか?

と思うような黒くてプルプルしたものがびっしりとこびり付いており、タピオカがなぜ。。。(・・?)と思いましたが、よくよく見るとタピオカに似たカビでした。

あっちこっちに付着しておりまして、この例のタピオカのようなカビ(以後、タピカビ)が給水タンク内を浸食していました。。。

こんなものを毎日口に入れていたなんて。。。考えるだけでゾっとします。。。

子供たちも笑顔で氷いっぱいのジュースを飲んでいて、ほんとにごめんよーーー(/_;)

給水タンクはエンペラーと呼ばれる、ファンのようなもので水を送っているのですが、そのタピカビがエンペラー内にも浸食しており、エンペラーが回りにくくなっていて給水機能が著しく低下してしまっていたのです。

その中ようやく氷がでて来たと思ったら3.4個のみ。受け皿には孵化しきれなかった氷たちが。。ちょっとだけ。

アンチタピカビ<(`^´)>

氷はいつも透き通ってるから汚れてないなんて、大きな間違いです。油断は禁物ですよ!!全く気にしてみておらずこの様な事態になってしまいます。

定期的な掃除が必要なんです。

というより、これからします!僕、絶対します!

冷蔵庫の製氷機の氷が落ちない時の対策は?

調べてみますと、原因は様々でした。
そもそも電気系統や接続不良などはもうプロではない限り直すのには至難の業といっても過言ではありません。
そこはもう、プロに任せましょう。

また、調べて分かったのですが冷蔵庫では製氷機部分が一番最初に壊れやすい様です。。

僕の勝手なイメージなのですが、

冷蔵庫=食材が長持ち=菌が繁殖しにくい=洗わなくても大丈夫

と勝手ながらリンクしまっており清掃が疎かになってしまっていました。

確かに繁殖はしにくいのですが、洗わなくていいなんて事は全くありませんので、ご注意を!!

定期的な清掃を心がけて行くことが大切です。

製氷機のお手入れ方法

・水道水を使用の際

メーカーの推奨では最低でも1週間に1度掃除が必要です。

・給水タンク
・製氷皿
・貯氷タンク

これらが氷を作るうえで基盤となる部品です。
この中でも、一番菌が繁殖しやすいのは給水タンクです。

食器を洗う感覚での掃除で構いません。

その中に給水パイプや、フィルターとなるエンペラーが存在し、最近のモデルは特にすべてを外してお手入れがし易い工夫が施されており、隅々まで綺麗に洗う事ができます。

また、細かくて届きにくい水の通り道の清掃は、

お酢を水で薄めたものや、クエン酸を使用し、その水で氷を作る方法です。

その水を貯水タンクに入れ、タンク内の水がなくなりましたら完了です。

タンク分の水がすべて氷になるまで時間はかかりますが、
作業的にはさほど手を汚さずに放置で対策ができますからね^^

その作られた氷は食べないように注意してくださいね!

わかりやすくする為に食紅を入れて判断出来るようにするのもオススメです^^

・ミネラルウォーターを使用の場合

ミネラル水などを使用しているのであれば清掃しなくてはいけない頻度が変わってきます。

週に2~3回は必要になります。

普段使用している水道水は消毒された状態で僕たちのもとに届きます。

ミネラルウォーターは、その消毒がなされていない為により透き通ったおいしい水を飲むことができるのですが、その反面、雑菌が繁殖しやすいのです。

その為に清掃する頻度が水道水よりも頻繁に洗わなくてはいけないんです。

まとめ

対策をとるだけで、故障の原因も回避できますし、何よりタピオカのようなカビを撃退できるんです。

また、しっかり洗浄した後の氷の方が心なしかおいしく、においもなくなるんです!

ですので、定期的に清掃や、給水タンクに水を入れる際に、併せてゆすぐだけでも対策に繋がっていきますし、繁殖を防いでいけますので、ぜひ、皆様も一緒に撃退していきましょう!!